効率的な応募で合格への大きな一歩をつかみ取ろう、状況をよく判断してタイミングをはかろう

求人の応募状況を確認しよう

まず、応募しようと思う求人が見つかれば情報をくまなく確認しましょう。
確認もれがないように注意しておきましょう。

求人には応募期間というものがあります。その期間を過ぎると応募する事ができません。期限は早めに確認しておきましょう。応募しようかどうか悩んでいる間に、期限が過ぎてしまっていたという事にはならない様に注意が必要です。

あまりにも応募者が多い時には期限内でも断られる事もあります。気に入った案件があれば早めに応募しておく事をおすすめします。

そして、応募条件に関する欄は必ずしっかりとチェックしておきましょう。
専門職の場合は勤務経験や技術を証明できる資格などが求められる事があります。前の会社の業績など具体的に説明できる様にしておきましょう。

最近では面接の前に書類審査が行われる事があります。そのため、書類を見ても技術や知識を証明できるものがあれば更にいいでしょう。もしも、知識や技術がない場合は入社後に勉強して身につけたいという意思を示して、やる気がある事をしっかりと会社の人に伝えましょう。

医師アルバイトについて
経済的には恵まれているように思われている医師ですが、医師のアルバイトがあることをご存知だったでしょうか。まだ専門分野の決まっていない若手の医師などは、医師アルバイトをしないと、研修医としての収入だけでは安すぎてやっていけないことも多いそうです。

ではその相場はいくらぐらいでしょうか?

診療する科や経験年数によっても違いがありますが、相場は一日5万から6万円だそうです。
祝日に働くと7~8万になるところもあります。夜勤など宿直が入ると一泊3万から5万円だそうです。

人の命を預かる重要な職業であり、技術を保つための勉強にも費用がかかることを考えると、割のいいようで意外と経済的に厳しい金額ではあります。