効率的な応募で合格への大きな一歩をつかみ取ろう、状況をよく判断してタイミングをはかろう

皮膚科の医師求人の年収について

外科、内科に比べると皮膚科の医師年収は、低いように見られがちですが、勤務医の場合ほとんど差はありません。

公立病院皮膚科の勤務医35才で1200万円、私立病院勤務医39歳で1200万円が平均年収になり、公立病院のほうが平均年齢が低い分、高い年収となっています。

開業医の場合、施設にもよりますが、科目別によって医師年収に差が出てきます。

眼科3500万円、小児科3300万円、皮膚、精神、産婦人科が同じ2600万円、全体の平均が2200万円ですから高い方の年収といえます。

最近は、リスクが少なく勤務時間が短いことから、希望する人が増えています。

どんな小さな手術でも麻酔がなければ痛くて耐えられないので、どの病院においても一定の数の麻酔科の医師が必要となります。

しかし現実問題として、麻酔科の医師は人が足らない状況にあるので、フルタイムで働けなくてもかまわないというところが多いようです。

これは医師アルバイトや医師非常勤の仕事を探している方にはチャンスなので、麻酔の知識がある医師の方はぜひ、医師求人情報サイトなどから応募して欲しいですね。

医師のアルバイトや医師非常勤であっても、給料が高くて、福利厚生が充実している病院はたくさんあるので、選び甲斐があるはずです。

医師求人の記事